• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

綾野剛「パンク侍」低空発進…客を置き去りで大コケ懸念

 6月30日に公開となった映画「パンク侍、斬られて候」(石井岳龍監督、東映配給)の客入りがパッとしない。

「全国320館以上の大規模な上映ですが、初登場5位。オープニング2日間の興行収入は1億円に届かず、勢いがない。最終でも4億~5億円といったところでしょう」(映画興行関係者)

■豪華キャスト、大型セットは見応え十分だが…

 主演の綾野剛(36)とヒロインの北川景子(31)を筆頭に、浅野忠信(44)、永瀬正敏(51)、東出昌大(30)、豊川悦司(56)などこれでもかと主役級のキャストを起用した豪華な時代劇エンタメムービー。綾野に至っては「番宣に積極的な俳優の筆頭格」(芸能ライター)という評判どおり、あらゆるメディアに出まくりPRに余念がなかったが、それでも伸び悩むのは「客」を選ぶシュールな内容にほかならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る