綾野剛「パンク侍」低空発進…客を置き去りで大コケ懸念

公開日:

 6月30日に公開となった映画「パンク侍、斬られて候」(石井岳龍監督、東映配給)の客入りがパッとしない。

「全国320館以上の大規模な上映ですが、初登場5位。オープニング2日間の興行収入は1億円に届かず、勢いがない。最終でも4億~5億円といったところでしょう」(映画興行関係者)

■豪華キャスト、大型セットは見応え十分だが…

 主演の綾野剛(36)とヒロインの北川景子(31)を筆頭に、浅野忠信(44)、永瀬正敏(51)、東出昌大(30)、豊川悦司(56)などこれでもかと主役級のキャストを起用した豪華な時代劇エンタメムービー。綾野に至っては「番宣に積極的な俳優の筆頭格」(芸能ライター)という評判どおり、あらゆるメディアに出まくりPRに余念がなかったが、それでも伸び悩むのは「客」を選ぶシュールな内容にほかならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る