綾野剛「パンク侍」低空発進…客を置き去りで大コケ懸念

公開日:

 6月30日に公開となった映画「パンク侍、斬られて候」(石井岳龍監督、東映配給)の客入りがパッとしない。

「全国320館以上の大規模な上映ですが、初登場5位。オープニング2日間の興行収入は1億円に届かず、勢いがない。最終でも4億~5億円といったところでしょう」(映画興行関係者)

■豪華キャスト、大型セットは見応え十分だが…

 主演の綾野剛(36)とヒロインの北川景子(31)を筆頭に、浅野忠信(44)、永瀬正敏(51)、東出昌大(30)、豊川悦司(56)などこれでもかと主役級のキャストを起用した豪華な時代劇エンタメムービー。綾野に至っては「番宣に積極的な俳優の筆頭格」(芸能ライター)という評判どおり、あらゆるメディアに出まくりPRに余念がなかったが、それでも伸び悩むのは「客」を選ぶシュールな内容にほかならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る