小島一慶さん<4>「笑っていいとも!」の司会を依頼された

公開日: 更新日:

《一世(ひとよ)では たりぬこの世や 白牡丹》

 小島さんが詠んだ俳句のひとつだ。小島さんは20余年慣れ親しんだTBSを退社する。

「本当は、退社も独立する気もさらさらありませんでした。ただ、僕も40代半ばを迎え、社内的には管理職という立場になるかという転換期を迎えていました。そんなとき、当時の上司から営業のセクションへの異動の打診があった。それで90年3月にTBSを退社したのです」

 実は、それまでにも2回、フリー転身の誘いは受けていたという。

「そのたびに断っていました。僕の心の中では、TBSに骨をうずめようという思いが強くありましたから。もうずいぶん前の話ですから言いますと、82年にスタートしたフジテレビの『笑っていいとも!』にテレフォンショッキングってあったでしょう。あの司会は当初、僕のところに依頼がありました。というのも、友達の友達は~と友人を紹介し合うスタイルは、僕のラジオ番組のヒット企画で、それをテレビでもやりたいというわけだったんです。ただ、当時の僕は独立する気などありませんでしたので、話を蹴ってしまった。それで司会がタモリさんに回ったみたいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る