• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小島一慶さん<4>「笑っていいとも!」の司会を依頼された

《一世(ひとよ)では たりぬこの世や 白牡丹》

 小島さんが詠んだ俳句のひとつだ。小島さんは20余年慣れ親しんだTBSを退社する。

「本当は、退社も独立する気もさらさらありませんでした。ただ、僕も40代半ばを迎え、社内的には管理職という立場になるかという転換期を迎えていました。そんなとき、当時の上司から営業のセクションへの異動の打診があった。それで90年3月にTBSを退社したのです」

 実は、それまでにも2回、フリー転身の誘いは受けていたという。

「そのたびに断っていました。僕の心の中では、TBSに骨をうずめようという思いが強くありましたから。もうずいぶん前の話ですから言いますと、82年にスタートしたフジテレビの『笑っていいとも!』にテレフォンショッキングってあったでしょう。あの司会は当初、僕のところに依頼がありました。というのも、友達の友達は~と友人を紹介し合うスタイルは、僕のラジオ番組のヒット企画で、それをテレビでもやりたいというわけだったんです。ただ、当時の僕は独立する気などありませんでしたので、話を蹴ってしまった。それで司会がタモリさんに回ったみたいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る