小島一慶さん<4>「笑っていいとも!」の司会を依頼された

公開日: 更新日:

《一世(ひとよ)では たりぬこの世や 白牡丹》

 小島さんが詠んだ俳句のひとつだ。小島さんは20余年慣れ親しんだTBSを退社する。

「本当は、退社も独立する気もさらさらありませんでした。ただ、僕も40代半ばを迎え、社内的には管理職という立場になるかという転換期を迎えていました。そんなとき、当時の上司から営業のセクションへの異動の打診があった。それで90年3月にTBSを退社したのです」

 実は、それまでにも2回、フリー転身の誘いは受けていたという。

「そのたびに断っていました。僕の心の中では、TBSに骨をうずめようという思いが強くありましたから。もうずいぶん前の話ですから言いますと、82年にスタートしたフジテレビの『笑っていいとも!』にテレフォンショッキングってあったでしょう。あの司会は当初、僕のところに依頼がありました。というのも、友達の友達は~と友人を紹介し合うスタイルは、僕のラジオ番組のヒット企画で、それをテレビでもやりたいというわけだったんです。ただ、当時の僕は独立する気などありませんでしたので、話を蹴ってしまった。それで司会がタモリさんに回ったみたいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る