遅刻なし質疑も1時間 トム・クルーズ23回目来日も“神対応”

公開日:

 18日行われた記者会見の会場には400人超のマスコミ関係者が駆け付け、人気と注目度の高さをうかがわせた。

 ハリウッド俳優のトム・クルーズ(56)がシリーズ6作品目となる映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」(来月3日公開、東和ピクチャーズ配給)を引っさげて来日。2年ぶり通算23回目の偉業(?)を成し遂げた。

「“外タレ”の会見は時間にルーズで遅れて始まることがよくあるが、トムの場合はほぼ毎回、時間通りに始まる」(映画ライター)といった“神対応”で知られるだけに、もちろん、この日も定刻通りにスタート。しかも、1時間近くにわたって報道陣からの質疑に答えたのだった。なかでも印象的だったのは、なぜ20年以上もの間、アクションシーンに挑戦し続けるのか、へのアンサーで、

「僕は観客のために全力を尽くし、人生を映画作りに捧げている。残りの人生もすべて皆さんに捧げたいし、それしか生き方が分からないからね」

 撮影中に足首を骨折するなど全治9カ月の大ケガを負ったが、完治を待たず、6週間で現場復帰。全編スタントなしで挑む“アクションバカ”の勇姿はぜひ劇場のスクリーンで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る