TBS安住アナは殺害予告を公表…男性アナウンサー残酷物語

公開日: 更新日:

「私、20年間ずっと殺害予告いただいてますから」――。

 TBSの看板アナ、安住紳一郎(44)がそう明かして、話題になっている。22日放送のラジオ番組「安住紳一郎の日曜天国」でのこと。放送局に寄せられる視聴者からのクレームについて、安住アナは「結構、すごいのもあります。殺害予告とか普通に来るんですよ。春先と、夏になると必ずクレームの数は増える。びっくりです」などと語り、共演者を驚かせた。

 安住アナは「みなさんが私の仕事をどういうふうに考えているかはわかりませんけれども、結構、嫌な思いもしてるんですよ。かける言葉がないですよね、ごめんなさいね」とし、「いつか本にでもして出版したいなと思ってるんです」と続けていた。

 世間のイメージでは、華やかで、高給取りで、女にモテまくり。人も羨む良い生活を送っている局アナだが、実際はそうでもないという。芸能リポーターの城下尊之氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る