TBS安住アナは殺害予告を公表…男性アナウンサー残酷物語

公開日:

「私、20年間ずっと殺害予告いただいてますから」――。

 TBSの看板アナ、安住紳一郎(44)がそう明かして、話題になっている。22日放送のラジオ番組「安住紳一郎の日曜天国」でのこと。放送局に寄せられる視聴者からのクレームについて、安住アナは「結構、すごいのもあります。殺害予告とか普通に来るんですよ。春先と、夏になると必ずクレームの数は増える。びっくりです」などと語り、共演者を驚かせた。

 安住アナは「みなさんが私の仕事をどういうふうに考えているかはわかりませんけれども、結構、嫌な思いもしてるんですよ。かける言葉がないですよね、ごめんなさいね」とし、「いつか本にでもして出版したいなと思ってるんです」と続けていた。

 世間のイメージでは、華やかで、高給取りで、女にモテまくり。人も羨む良い生活を送っている局アナだが、実際はそうでもないという。芸能リポーターの城下尊之氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る