TBS安住アナは殺害予告を公表…男性アナウンサー残酷物語

公開日:

「私、20年間ずっと殺害予告いただいてますから」――。

 TBSの看板アナ、安住紳一郎(44)がそう明かして、話題になっている。22日放送のラジオ番組「安住紳一郎の日曜天国」でのこと。放送局に寄せられる視聴者からのクレームについて、安住アナは「結構、すごいのもあります。殺害予告とか普通に来るんですよ。春先と、夏になると必ずクレームの数は増える。びっくりです」などと語り、共演者を驚かせた。

 安住アナは「みなさんが私の仕事をどういうふうに考えているかはわかりませんけれども、結構、嫌な思いもしてるんですよ。かける言葉がないですよね、ごめんなさいね」とし、「いつか本にでもして出版したいなと思ってるんです」と続けていた。

 世間のイメージでは、華やかで、高給取りで、女にモテまくり。人も羨む良い生活を送っている局アナだが、実際はそうでもないという。芸能リポーターの城下尊之氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る