桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

絶世の美女にしてツンデレ おじさんには田中道子が必要だ

公開日:

 剛力彩芽とZOZO前沢社長がくっつこうが離れようがどうでもいいのに、延々やり続けるワイドショーが鬱陶しい。そもそも剛力ときたらドラマの主役をしても、歌を出しても、結果はいまひとつ。それでもチャンスをもらい続けることが反感を買い、代表作は「ランチパック」と陰口を叩かれても、けなげに頑張る不憫な娘だった。

 所属するオスカープロは「国民的美少女コンテスト」で知られるが、実はそのコンテストで予選敗退している。それなのに「美少女コンテスト」にプレゼンターとして出なくてはいけない屈辱を味わっている。その剛力がやっと掴んだ幸せじゃないか。そりゃはしゃぎたくもなるだろうよ。

 でも、オスカーには逸材がいた。その名も田中道子。

 名前だけなら昭和の地味な女性の印象だが、とんでもハップン(古い!)。身長172センチ、9頭身ボディー、「ミス・ワールド2013」の日本代表。16年「ドクターX~外科医・大門未知子~」で西田敏行演じる院長の秘書役でデビュー。大河ドラマ「西郷どん」にも品川宿の給仕・タマ役で出演し、あの美女は誰? と話題になった。現在「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系)に出演。警視庁捜査1課刑事・板倉麻衣を演じている。マギーと並ぶとそのスタイルは際立ち、ツンデレキャラが似合う。菜々緒が一手に引き受けていたドSキャラのお株を奪えるんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る