石原プロ名物“炊き出し”は? 被災地に行けない意外なワケ

公開日:  更新日:

 12日にオンエアされたラジオ番組「木村拓哉 Flow」(TOKYO FM)で、記録的な豪雨被害を受けた広島県呉市での炊き出しエピソードを語った木村拓哉(45)。現地の人々と触れ合うことで「ホンットに来て良かったなって(思った)」と、充足した様子で振り返っていた。

 キムタク以外にも甚大な被害に見舞われた広島、岡山、愛媛の3県には、吉川晃司(52)、はるな愛(46)、MEGUMI(36)、谷原章介(46)などもボランティアで現地入り。斎藤工(36)に至ってはつなぎ着用で土砂を掘り起こす姿が話題となり、歌手のYOSHIKIや加山雄三(81)はそれぞれ1000万円を寄付し、セレブなきっぷのよさを示した。

 とまあ、芸能人の被災地支援の動きがゾクゾク報じられるなか、アノ軍団の名が見当たらない。炊き出しといえば元祖の「石原プロモーション」である。2年前の熊本地震の際には舘ひろし(68)や神田正輝(67)らが赴き、カレーや豚汁、しょうが焼き、おしるこなどを振る舞っていたが、今回は行かないの?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る