石原プロ名物“炊き出し”は? 被災地に行けない意外なワケ

公開日: 更新日:

 12日にオンエアされたラジオ番組「木村拓哉 Flow」(TOKYO FM)で、記録的な豪雨被害を受けた広島県呉市での炊き出しエピソードを語った木村拓哉(45)。現地の人々と触れ合うことで「ホンットに来て良かったなって(思った)」と、充足した様子で振り返っていた。

 キムタク以外にも甚大な被害に見舞われた広島、岡山、愛媛の3県には、吉川晃司(52)、はるな愛(46)、MEGUMI(36)、谷原章介(46)などもボランティアで現地入り。斎藤工(36)に至ってはつなぎ着用で土砂を掘り起こす姿が話題となり、歌手のYOSHIKIや加山雄三(81)はそれぞれ1000万円を寄付し、セレブなきっぷのよさを示した。

 とまあ、芸能人の被災地支援の動きがゾクゾク報じられるなか、アノ軍団の名が見当たらない。炊き出しといえば元祖の「石原プロモーション」である。2年前の熊本地震の際には舘ひろし(68)や神田正輝(67)らが赴き、カレーや豚汁、しょうが焼き、おしるこなどを振る舞っていたが、今回は行かないの?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る