• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

石原プロ名物“炊き出し”は? 被災地に行けない意外なワケ

 12日にオンエアされたラジオ番組「木村拓哉 Flow」(TOKYO FM)で、記録的な豪雨被害を受けた広島県呉市での炊き出しエピソードを語った木村拓哉(45)。現地の人々と触れ合うことで「ホンットに来て良かったなって(思った)」と、充足した様子で振り返っていた。

 キムタク以外にも甚大な被害に見舞われた広島、岡山、愛媛の3県には、吉川晃司(52)、はるな愛(46)、MEGUMI(36)、谷原章介(46)などもボランティアで現地入り。斎藤工(36)に至ってはつなぎ着用で土砂を掘り起こす姿が話題となり、歌手のYOSHIKIや加山雄三(81)はそれぞれ1000万円を寄付し、セレブなきっぷのよさを示した。

 とまあ、芸能人の被災地支援の動きがゾクゾク報じられるなか、アノ軍団の名が見当たらない。炊き出しといえば元祖の「石原プロモーション」である。2年前の熊本地震の際には舘ひろし(68)や神田正輝(67)らが赴き、カレーや豚汁、しょうが焼き、おしるこなどを振る舞っていたが、今回は行かないの?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る