• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

夏はおでんも天丼もカツ丼も牛丼も…「冷やし師匠<上>」

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。自分がこのコラムを書いているただいまの天候は、曇り空の27.4度。前日の33度とは比べものにならない過ごしやすさです。5、6度でこんなにも体感温度が違うんですね! ですが、ちょっと気を抜くとふたたび30度超えが当たり前な日々がやってくるわけで、食部門の暑さ対策は、やっぱり、冷やし中華。自分はハム、キュウリ、錦糸卵、おまけに焼き豚のせん切りがのっていて、ごまだれよりもシンプルに甘酢醤油だれが最高に好き(ハート) と、ナポリタンをクルクルしながら思いの丈をつづっております。というわけで、本日は夏に欠かせない「冷やし師匠」です!

 雑誌を読んでいると、さぁ~温まりなさい! 冬の帝王おでんが「冷やしおでん」として紹介されてるではありませんか! え~おでんはやっぱりアツアツの方が……いや待てよ。秋冬のある日、酔っぱらって帰って小腹がすいてパクッと食べた冷えきったおでんがやけにおいしかった記憶が蘇った瞬間に、よっ出ました! 冷やし師匠! やりますなぁ~師匠! おでん屋さんもよく冷やしにたどり着きましたね。でもやっぱりおでんはアツアツの方が竜兵さんや出川さんはリアクションが取りやすいんだろうなぁ……って、達人には要らぬ心配ですね!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る