飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

夏はおでんも天丼もカツ丼も牛丼も…「冷やし師匠<上>」

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。自分がこのコラムを書いているただいまの天候は、曇り空の27.4度。前日の33度とは比べものにならない過ごしやすさです。5、6度でこんなにも体感温度が違うんですね! ですが、ちょっと気を抜くとふたたび30度超えが当たり前な日々がやってくるわけで、食部門の暑さ対策は、やっぱり、冷やし中華。自分はハム、キュウリ、錦糸卵、おまけに焼き豚のせん切りがのっていて、ごまだれよりもシンプルに甘酢醤油だれが最高に好き(ハート) と、ナポリタンをクルクルしながら思いの丈をつづっております。というわけで、本日は夏に欠かせない「冷やし師匠」です!

 雑誌を読んでいると、さぁ~温まりなさい! 冬の帝王おでんが「冷やしおでん」として紹介されてるではありませんか! え~おでんはやっぱりアツアツの方が……いや待てよ。秋冬のある日、酔っぱらって帰って小腹がすいてパクッと食べた冷えきったおでんがやけにおいしかった記憶が蘇った瞬間に、よっ出ました! 冷やし師匠! やりますなぁ~師匠! おでん屋さんもよく冷やしにたどり着きましたね。でもやっぱりおでんはアツアツの方が竜兵さんや出川さんはリアクションが取りやすいんだろうなぁ……って、達人には要らぬ心配ですね!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る