飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

毎日の猛暑…「江戸時代の人は(?)師匠」に思いを馳せる

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずん飯尾和樹です。毎日軽~く30度超え。外にいるときは冬じゃ考えられないくらい日陰や木陰探しをしています。そして、この暑さにこう呟きます。

「江戸時代の人はどうしてたんだろう……」

 今回は時折思う「江戸時代の人は(?)師匠」でまいりましょう~。

 その時代はこんなに暑くなかったといえばそれまでですが、それはそれは、江戸時代の夏も暑かったでしょう! 急に飲みに誘われ、電車で20分の距離……ちょっと遠いなぁ~なんて思った瞬間に、よっ出ました! 江戸時代の人は(?)師匠! 1時間半から2時間かけて歩いたのか。そもそも電話なんかないから、2時間かけて相手の家まで出向き「飯尾どの、飲みに行きませぬか?」。

 っていうか、「このままその方のところで飲んでしまおうか!」「いやいや、みなが待ってるから」「そうか……2時間かけて店まで行く?」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る