飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

毎日の猛暑…「江戸時代の人は(?)師匠」に思いを馳せる

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。毎日軽~く30度超え。外にいるときは冬じゃ考えられないくらい日陰や木陰探しをしています。そして、この暑さにこう呟きます。

「江戸時代の人はどうしてたんだろう……」

 今回は時折思う「江戸時代の人は(?)師匠」でまいりましょう~。

 その時代はこんなに暑くなかったといえばそれまでですが、それはそれは、江戸時代の夏も暑かったでしょう! 急に飲みに誘われ、電車で20分の距離……ちょっと遠いなぁ~なんて思った瞬間に、よっ出ました! 江戸時代の人は(?)師匠! 1時間半から2時間かけて歩いたのか。そもそも電話なんかないから、2時間かけて相手の家まで出向き「飯尾どの、飲みに行きませぬか?」。

 っていうか、「このままその方のところで飲んでしまおうか!」「いやいや、みなが待ってるから」「そうか……2時間かけて店まで行く?」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る