飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

毎日の猛暑…「江戸時代の人は(?)師匠」に思いを馳せる

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。毎日軽~く30度超え。外にいるときは冬じゃ考えられないくらい日陰や木陰探しをしています。そして、この暑さにこう呟きます。

「江戸時代の人はどうしてたんだろう……」

 今回は時折思う「江戸時代の人は(?)師匠」でまいりましょう~。

 その時代はこんなに暑くなかったといえばそれまでですが、それはそれは、江戸時代の夏も暑かったでしょう! 急に飲みに誘われ、電車で20分の距離……ちょっと遠いなぁ~なんて思った瞬間に、よっ出ました! 江戸時代の人は(?)師匠! 1時間半から2時間かけて歩いたのか。そもそも電話なんかないから、2時間かけて相手の家まで出向き「飯尾どの、飲みに行きませぬか?」。

 っていうか、「このままその方のところで飲んでしまおうか!」「いやいや、みなが待ってるから」「そうか……2時間かけて店まで行く?」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る