飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

毎日の猛暑…「江戸時代の人は(?)師匠」に思いを馳せる

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。毎日軽~く30度超え。外にいるときは冬じゃ考えられないくらい日陰や木陰探しをしています。そして、この暑さにこう呟きます。

「江戸時代の人はどうしてたんだろう……」

 今回は時折思う「江戸時代の人は(?)師匠」でまいりましょう~。

 その時代はこんなに暑くなかったといえばそれまでですが、それはそれは、江戸時代の夏も暑かったでしょう! 急に飲みに誘われ、電車で20分の距離……ちょっと遠いなぁ~なんて思った瞬間に、よっ出ました! 江戸時代の人は(?)師匠! 1時間半から2時間かけて歩いたのか。そもそも電話なんかないから、2時間かけて相手の家まで出向き「飯尾どの、飲みに行きませぬか?」。

 っていうか、「このままその方のところで飲んでしまおうか!」「いやいや、みなが待ってるから」「そうか……2時間かけて店まで行く?」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る