晩夏に偲ぶ勝新太郎 「THE BLIND SWORDSMAN~侠」が話題

公開日: 更新日:

安室奈美恵さんのCDのように発売と同時に話題になる類いの作品ではありませんが、アマゾンなどでもジワジワと売れています。プロのミュージシャンなど業界関係者の評価も高く手応えは感じています」(ラッツパック・レコード代表の棚橋牧人氏) 

 故勝新太郎の命日にあたる6月21日に発売されたCDアルバム「THE BLIND SWORDSMAN~侠(おとこ)」(ラッツパック)の評判が広がっている。

 このアルバムは昭和の大スター“勝新”をテーマに、「ニッポンのミュージック」を表現するために制作。ピアニストで作・編曲家の佐藤允彦やギタリストの井上堯之、東京キューバンボーイズ、御諏訪太鼓も参加し、“不思議だが格好いい”カオスな音楽に仕上がっている。

 勝新自身が歌う「サマータイム」や「ムーン・リヴァー」など4曲も味わい深いが、新曲「THE BLIND SWORDSMAN」は勝新がプライベートパーティーで打楽器のコンガを叩いている映像を音源にし、ギターやコーラスを組み合わせて佐藤が作曲。“無国籍”感が漂う一曲に仕上がっている。

「次第に失われつつある日本人らしさや心情がテーマ。意識しなくても心の底で感じる音楽感性とは何かを考えるよすがとなればとの思いで制作しました」(棚橋牧人氏)

 酷暑を経た晩夏にぴったりのアルバムである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

もっと見る