晩夏に偲ぶ勝新太郎 「THE BLIND SWORDSMAN~侠」が話題

公開日: 更新日:

安室奈美恵さんのCDのように発売と同時に話題になる類いの作品ではありませんが、アマゾンなどでもジワジワと売れています。プロのミュージシャンなど業界関係者の評価も高く手応えは感じています」(ラッツパック・レコード代表の棚橋牧人氏) 

 故勝新太郎の命日にあたる6月21日に発売されたCDアルバム「THE BLIND SWORDSMAN~侠(おとこ)」(ラッツパック)の評判が広がっている。

 このアルバムは昭和の大スター“勝新”をテーマに、「ニッポンのミュージック」を表現するために制作。ピアニストで作・編曲家の佐藤允彦やギタリストの井上堯之、東京キューバンボーイズ、御諏訪太鼓も参加し、“不思議だが格好いい”カオスな音楽に仕上がっている。

 勝新自身が歌う「サマータイム」や「ムーン・リヴァー」など4曲も味わい深いが、新曲「THE BLIND SWORDSMAN」は勝新がプライベートパーティーで打楽器のコンガを叩いている映像を音源にし、ギターやコーラスを組み合わせて佐藤が作曲。“無国籍”感が漂う一曲に仕上がっている。

「次第に失われつつある日本人らしさや心情がテーマ。意識しなくても心の底で感じる音楽感性とは何かを考えるよすがとなればとの思いで制作しました」(棚橋牧人氏)

 酷暑を経た晩夏にぴったりのアルバムである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  8. 8

    自民党稲田朋美氏 未婚ひとり親家庭の支援拡大から変化を

  9. 9

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  10. 10

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る