• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

ウエンツ瑛士は英へ 海外でも通用するスターは誕生するか

 諸先輩の現実を見聞きしてか、最近の海外挑戦者はある意味、堅実。元“KAT―TUN”の赤西仁や元“AKB48”の大島優子。最近でも元“関ジャニ∞”の渋谷すばるといるが、「グループ脱退後に一度、リセットする意味もある」と言われ、本場での活動ではなく、語学留学などを主目的にした人が多い。そんななか、昨年4月、芸人のピース・綾部祐二が「どうしてもアメリカで勝負したい」と仕事を降板してニューヨークに渡った。「無理でしょう」と芸人仲間から揶揄する声も飛んでいたが、お笑い関係者は、「相方の又吉直樹が芥川賞作家となりコンビの格差が如実になり、忸怩たる思いで渡米。箔を付けたい一心でしょう」と綾部の気持ちを推察する。

 さらに本気度が高いのが、「芸能活動を休止して10月から英国留学する」と番組で発表したウエンツ瑛士(32)。「本場ロンドンでミュージカルの勉強をして、いずれ向こうの舞台に立ちたい」と並々ならぬ決意がうかがえた。ウエンツは9歳でミュージカルの舞台に立ち、その後も舞台の実績はあるが、世間ではタレントのイメージが強い。それだけに、「かねて思い描いていた将来的には“ミュージカル俳優としてやっていきたい”という思いが強くなったのでは」とテレビ関係者は話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る