• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

マラソンに賛否両論も…24時間テレビは注目され続けてこそ

「紅白」と並び今や年に一度の国民的番組になった感もある日テレ恒例の「24時間テレビ」。基本的な番組構成は変わらなくとも、司会者や企画内容を少しずつ変えながら丸40年の長寿番組になった。フルタイムで見る人はいなくても、「これだけは見る」という人もいる名物企画になったのがチャリティーマラソン。とりわけ注目度が年々、増しているのが日本武道館にゴールする時間帯。今年も全体の平均視聴率は15.2%と堂々の2桁を獲得する一方で、最高視聴率を記録したのはお笑いタレント・みやぞんが8時45分ごろにゴールした瞬間だった。視聴率34.7%と驚異的な数字で人気の高さを実証した。

「紅白」における歌手全員で歌う「蛍の光」のフィナーレのように、“24時間”でもランナーを迎えながら名曲「サライ」を歌いながらエンディングとする演出は欠かせないものになっている。


 今年で41回目を迎えた「24時間」の人気企画となったマラソンだが、開始当初は「本当に100キロも走っているの?」「時間通りにゴールインするのは不自然」と疑問視する声もあって追跡する者があれば、メディアもチェックする動きもあった。日テレ側は「警備の問題が出る」との理由から事前にコースを発表することはなく、実態は依然として不明のままだが、番組のメインになったのは事実。マンネリ化を防ぐためか、今年はみやぞんが計161.55キロのトライアスロンに挑戦。追跡する者もいたというが、みやぞんは番組終了前に余裕をもってゴールを果たした。そして、会場を中心に感動の輪が広がり、無事に大団円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る