二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

マラソンに賛否両論も…24時間テレビは注目され続けてこそ

公開日:

「紅白」と並び今や年に一度の国民的番組になった感もある日テレ恒例の「24時間テレビ」。基本的な番組構成は変わらなくとも、司会者や企画内容を少しずつ変えながら丸40年の長寿番組になった。フルタイムで見る人はいなくても、「これだけは見る」という人もいる名物企画になったのがチャリティーマラソン。とりわけ注目度が年々、増しているのが日本武道館にゴールする時間帯。今年も全体の平均視聴率は15.2%と堂々の2桁を獲得する一方で、最高視聴率を記録したのはお笑いタレント・みやぞんが8時45分ごろにゴールした瞬間だった。視聴率34.7%と驚異的な数字で人気の高さを実証した。

「紅白」における歌手全員で歌う「蛍の光」のフィナーレのように、“24時間”でもランナーを迎えながら名曲「サライ」を歌いながらエンディングとする演出は欠かせないものになっている。


 今年で41回目を迎えた「24時間」の人気企画となったマラソンだが、開始当初は「本当に100キロも走っているの?」「時間通りにゴールインするのは不自然」と疑問視する声もあって追跡する者があれば、メディアもチェックする動きもあった。日テレ側は「警備の問題が出る」との理由から事前にコースを発表することはなく、実態は依然として不明のままだが、番組のメインになったのは事実。マンネリ化を防ぐためか、今年はみやぞんが計161.55キロのトライアスロンに挑戦。追跡する者もいたというが、みやぞんは番組終了前に余裕をもってゴールを果たした。そして、会場を中心に感動の輪が広がり、無事に大団円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る