二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

マラソンに賛否両論も…24時間テレビは注目され続けてこそ

公開日: 更新日:

「紅白」と並び今や年に一度の国民的番組になった感もある日テレ恒例の「24時間テレビ」。基本的な番組構成は変わらなくとも、司会者や企画内容を少しずつ変えながら丸40年の長寿番組になった。フルタイムで見る人はいなくても、「これだけは見る」という人もいる名物企画になったのがチャリティーマラソン。とりわけ注目度が年々、増しているのが日本武道館にゴールする時間帯。今年も全体の平均視聴率は15.2%と堂々の2桁を獲得する一方で、最高視聴率を記録したのはお笑いタレント・みやぞんが8時45分ごろにゴールした瞬間だった。視聴率34.7%と驚異的な数字で人気の高さを実証した。

「紅白」における歌手全員で歌う「蛍の光」のフィナーレのように、“24時間”でもランナーを迎えながら名曲「サライ」を歌いながらエンディングとする演出は欠かせないものになっている。


 今年で41回目を迎えた「24時間」の人気企画となったマラソンだが、開始当初は「本当に100キロも走っているの?」「時間通りにゴールインするのは不自然」と疑問視する声もあって追跡する者があれば、メディアもチェックする動きもあった。日テレ側は「警備の問題が出る」との理由から事前にコースを発表することはなく、実態は依然として不明のままだが、番組のメインになったのは事実。マンネリ化を防ぐためか、今年はみやぞんが計161.55キロのトライアスロンに挑戦。追跡する者もいたというが、みやぞんは番組終了前に余裕をもってゴールを果たした。そして、会場を中心に感動の輪が広がり、無事に大団円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る