大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

松田龍平が淡々と 映画「泣き虫しょったんの奇跡」で妙味

公開日: 更新日:

 松田龍平という俳優には注目してきた。松田優作の息子だからという面もあるが、演技者としての個性が絶えず揺れている感じがあって気になるのである。父の呪縛を感じるときも多かった。

 それは、ときに優作のほうに大きく振れる演技を見せるからだ。ぼそぼそとしたしゃべり、ひどくぶっきらぼうに振る舞ったりする。優作の場合は、それがひとつのスタイルになっていて格好良かった。ユーモアのセンスも抜群だった。ただ龍平がやると、少し無理な感じがあった。

 今週から公開される彼の主演作「泣き虫しょったんの奇跡」が、なかなか味のある作品になっていた。プロを目指す棋士の話だ。松たか子妻夫木聡小林薫、國村隼、イッセー尾形染谷将太ら豪華俳優陣に囲まれながら堂々たる主役を張っていた。それは、本作での演技が彼でしか表現できないひとつの形を示していたからである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る