有働アナ嵐の船出…“指名”のサブキャスターがセクハラ降板

公開日: 更新日:

 日本列島を台風が直撃する中、新生「news zero」が早くも頭を抱える事態に直面している。メインキャスターの有働由美子(49)とサブキャスターとしてタッグを組むはずだった報道局の青山和弘氏(50)にセクハラ疑惑が浮上したのである。青山氏は1日付で経営戦略局グループ推進部へ異動。一部スポーツ紙の報道によると、青山氏は20代の女子社員や同じ部署の女子大生アルバイトに無理やり酒を飲ませ、酩酊状態にしたうえで肉体関係を強要。女性側も酩酊状態で判断力、証言に乏しく、声を上げられずにいたところ、同様の被害に遭った女性が次々と現れたため、社内窓口に相談したというのである。女性側の弱みにつけこんだ青山氏のやり方は手慣れており、今後も被害者が増える可能性もあるというから降板や異動で済まされるレベルの話ではない。

 4日に行われた新番組会見では「NHK時代は(数字を)背負っていなかった。視聴率は番組の制作サイドで私のせいではなかった。数字が悪ければ(自分を)切ってもらえればいい。ひとまずは、スタッフと心中するつもりで頑張りたい」と意気込みを語った有働キャスター。青山氏の起用は報道に力を入れたいと考えた有働の“指名”だったと言われており、自身の見る目のなさにも憤りを感じているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る