有働アナ嵐の船出…“指名”のサブキャスターがセクハラ降板

公開日:

 日本列島を台風が直撃する中、新生「news zero」が早くも頭を抱える事態に直面している。メインキャスターの有働由美子(49)とサブキャスターとしてタッグを組むはずだった報道局の青山和弘氏(50)にセクハラ疑惑が浮上したのである。青山氏は1日付で経営戦略局グループ推進部へ異動。一部スポーツ紙の報道によると、青山氏は20代の女子社員や同じ部署の女子大生アルバイトに無理やり酒を飲ませ、酩酊状態にしたうえで肉体関係を強要。女性側も酩酊状態で判断力、証言に乏しく、声を上げられずにいたところ、同様の被害に遭った女性が次々と現れたため、社内窓口に相談したというのである。女性側の弱みにつけこんだ青山氏のやり方は手慣れており、今後も被害者が増える可能性もあるというから降板や異動で済まされるレベルの話ではない。

 4日に行われた新番組会見では「NHK時代は(数字を)背負っていなかった。視聴率は番組の制作サイドで私のせいではなかった。数字が悪ければ(自分を)切ってもらえればいい。ひとまずは、スタッフと心中するつもりで頑張りたい」と意気込みを語った有働キャスター。青山氏の起用は報道に力を入れたいと考えた有働の“指名”だったと言われており、自身の見る目のなさにも憤りを感じているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る