「ぎぼむす」好調の綾瀬はるか CMイベントで天然キャラ

公開日:

 女優の綾瀬はるか(33)が13日、都内で行われたブリヂストンのスタッドレスタイヤ「BLIZZAK」の発表会に登場。赤いジャケットワンピに身を包んだ綾瀬は、同席した宮里藍(33)、アイスホッケー女子日本代表の久保英恵(35)、床亜矢可(24)、床秦留可(21)にクイズを出題した。

 ところが問題の画鋲が読めずに「が、りゅう? なんだこれ?」と天然キャラをのぞかせた。

 綾瀬といえば、「義母と娘のブルース(通称ぎぼむす)」(TBS系)が今期の連ドラで最高視聴率をマーク。初回から2ケタ台をキープし、11日に放映した第9話は17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。次週の最終回は20%を超えるのではと期待されている。

 キャリアウーマンの亜希子(綾瀬はるか)が子持ちのサラリーマン・宮本(竹野内豊)と結婚、夫に先立たれ、義理の娘(上白石萌歌)と親子関係を築いていく物語で、クールすぎる亜希子キャラが話題に。

 コラムニストの桧山珠美氏は「ぎぼむす」の魅力を「伏線の回収の小気味良さ」と評しており、最終回ですべての伏線が回収されることは確実。亜希子とパン屋の店主(佐藤健)の恋の行方に話題が集まっている。結末やいかに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る