碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

高橋克典主演「不惑のスクラム」が描く男たちの事情と幸福

公開日: 更新日:

 NHK土曜ドラマ「不惑のスクラム」の主人公は、かつて傷害致死事件を起こした丸川良平(高橋克典)だ。5年間服役して出所したが、仕事も家庭も失った自分に絶望していた。

 河川敷で死のうとした際に出会ったのが、宇多津(萩原健一、好演)という初老の男だ。高校時代にラグビー部だった丸川は、宇多津が率いる草ラグビーチーム「大坂淀川ヤンチャーズ」に引っ張り込まれる。

 このドラマの特色は、丸川だけでなくチームに所属する男たちにもしっかりスポットを当てていることだ。たとえば陣野(渡辺いっけい)は、会社では窓際部署に送られ、自己主張ばかりの若手社員に閉口している。13年前に妻が男と蒸発した家庭では、高校生の娘がろくに口をきいてくれない。

 また宇多津の元部下である緒方(徳井優)は、ヤンチャーズの雑用を一手に引き受けているが、家では妻と介護を要する母親が待っている。彼らにとって週末のラグビーは日常を支える、心のオアシスのような存在だ。いや、そういう存在をもつ男たちの幸福を描くドラマだと言っていい。

 一度は丸川の過去が明らかになったことでチームの和が乱れたが、再びスクラムを組むようになる。ところが先週、「誰ひとり、不要な人などいない」と言っていた宇多津が病没した。

 精神的支柱を失った男たちの「人生のトライ」はいかに?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る