碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

平和であればこそ…ドラマ「この世界の片隅に」が描く日常

公開日:

 ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系)の背景は、戦前から敗戦にかけての「戦争の時代」だ。主人公は広島市の郊外で生まれ育った、すず(松本穂香)。普通以上にぼんやりしているが、誰に対しても優しい娘だ。

 昭和19年、すずは呉の海軍に勤める公務員、北條周作(松坂桃李)と結婚した。それからは、早朝に坂を下って井戸の水をくんでくることから始まり、三度の炊事、洗濯、掃除、縫い物、さらに足の悪い義母(伊藤蘭)の世話と、一日中休む間もなく働いている。

 家事の分担や、夫のサポートといった発想のない時代だ。現代から見たら過重労働と思えるかもしれないが、当時の嫁としては当たり前だった。すずもまた、自分が周作や北條の家に必要とされていることを素直に喜んでいる。それがすずの「日常」だったからだ。

 しかし、戦争の進行とともに、そんなささやかな日常も変わってゆく。食糧や日常品が厳しく統制される。兄やその友達が兵隊として召集される。ましてや町の風景をスケッチしていただけで憲兵に引っ張られるなど普通の世の中ではない。

 つまり、ごく当たり前の日常が、当たり前に存在すること自体、平和であればこそなのだと再認識させてくれるのが、このドラマなのだ。中には退屈と感じる視聴者がいるかもしれない。それでも、この夏、見るべき一本であることは確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る