キムタク次女コウキ 史上初“新聞74紙ジャック” の舞台裏

公開日:

 破竹の勢いとはこのことである。木村拓哉と工藤静香の次女で、モデルのKoki,(コウキ=15)が、今度は全国の新聞74紙を“ジャック”。15日から始まる「新聞週間」にちなんだカラー全面1ページの広告「♯にほんをつなげ74」で、ドドーンと顔面が掲載されたのだ。15日当日にこうした広告を打つのは、「初めての試み」(日本新聞協会)だという。

 コウキはそれぞれ異なる文字を“口パク”しており、北から南の番号順に並べるとひとつのメッセージが浮かび上がるという仕掛けが施されている。

 同協会加盟社は104社あるが、掲載されたのは74紙。掲載していない新聞もあったが、問い合わせてみると「そもそもカラー面が1ページのみで事前に掲載の確約ができなかった」(函館新聞社)、「打診自体がなかった。ウチは県紙ではないですからねえ」(紀伊民報社)といった切実な声も聞かれた。

 コウキ効果が業界活性化につながれば……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る