「news zero」急失速 有働アナから“神業トーク”消えたワケ

公開日: 更新日:

 汐留の日本テレビに激震が走っている。NHKを退職した有働由美子(49)をメインキャスターに迎え、10月1日にリニューアルした「news zero」が10月12日に視聴率4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したためだ。日テレではこの枠で視聴率5%台を割ると“危険水域”と見なされるらしい。

 この枠の改編にあたり、半年以上前から入念な準備が行われてきたという。最大の目玉は、ギャラが年間4億円ともいわれる有働アナのキャスティング。業界関係者たちは「“NHKの顔”が日テレでどれくらい数字を伸ばすか」に注目していたが、大方の予想に反して視聴率は2週間で半分にまで落ち込んでしまった。

 ある放送関係者は「予算をかけた割に番組の質が前よりも落ちたんじゃない?」と声を潜める。日テレが有働に期待した能力のひとつに“トーク力”があったが、これが全くのアテ外れだったというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  8. 8

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

もっと見る