「news zero」急失速 有働アナから“神業トーク”消えたワケ

公開日: 更新日:

 汐留の日本テレビに激震が走っている。NHKを退職した有働由美子(49)をメインキャスターに迎え、10月1日にリニューアルした「news zero」が10月12日に視聴率4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したためだ。日テレではこの枠で視聴率5%台を割ると“危険水域”と見なされるらしい。

 この枠の改編にあたり、半年以上前から入念な準備が行われてきたという。最大の目玉は、ギャラが年間4億円ともいわれる有働アナのキャスティング。業界関係者たちは「“NHKの顔”が日テレでどれくらい数字を伸ばすか」に注目していたが、大方の予想に反して視聴率は2週間で半分にまで落ち込んでしまった。

 ある放送関係者は「予算をかけた割に番組の質が前よりも落ちたんじゃない?」と声を潜める。日テレが有働に期待した能力のひとつに“トーク力”があったが、これが全くのアテ外れだったというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る