遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

公開日: 更新日:

 俳優の遠藤憲一(57)が売れに売れている。今年の上半期は9本のCMに出演。放送中の日本テレビ系ドラマ「ドロ刑―警視庁捜査三課―」では2番手、NHKの大河ドラマ「西郷どん」では勝海舟を演じているが、ここまで売れっ子になるとは遠藤を古くから知る関係者は誰も想像できなかったという。

「とにかく悪人顔なので、ヤクザなどアウトローものが多いVシネマにはピッタリでした。しかしながら、Vシネマ界の両横綱といえば『ミナミの帝王』シリーズの竹内力と『借王』シリーズの哀川翔。2人はがっぽり稼いでいましたが、遠藤にはシリーズ化されるほどの代表作はなく、この2人の後塵を拝していました」(Vシネマのプロデューサー)

 ところが今やVシネマ業界も衰退。竹内も哀川も知名度は抜群なだけにバラエティーで食いつなぐようになったが、役者としてはすっかり遠藤に追い抜かれてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

もっと見る