米津玄師はにかみ素顔で好印象 年末レコ大&紅白へ布石か

公開日: 更新日:

 その名前が告げられると会場のあちこちでどよめきが……。「東京ドラマアウォード2018」で主題歌賞を受賞したシンガー・ソングライター、米津玄師(27)である。TBS系「アンナチュラル」の主題歌「Lemon」が評価されたのだが、ライブ以外で姿を見せるのが珍しいご仁。一風変わった名は本名らしいがとにかく謎だらけ。授賞式の司会者を務めた石坂浩二(77)が、「あまりこういう場に出たくない?」と質問するのも無理はないのである。

 でもって、以下は、はにかみながら語った米津本人の返答。

「いや、出たくないわけではないんですが、あまり慣れていないので……。今回はこうして光栄な賞をいただいたので出ようかなと」

 今年3月にリリースされた同曲をはじめ、上半期チャートを賑わせるアーティスト。例年以上にヒット曲に乏しい音楽業界において超貴重な存在だが、「今回の授賞式出席で顔出しNGでないことが分かった。本人のまんざらでもなさそうな受け答えも好材料。諦めモードだった年末のNHK紅白歌合戦やレコード大賞出演への布石になっただろう」(マスコミ関係者)。

 年末はナマ歌披露なるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  7. 7

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

もっと見る