イクメン放棄宣言 オリラジ中田に囁かれる参院選出馬情報

公開日: 更新日:

 何かと身辺が騒がしいオリエンタルラジオ中田敦彦(36)に新たな“火種”が勃発。着火したのは中田本人で〈僕は、良い夫であることも、良い夫であろうとすることも、やめました〉と“イクメン放棄”宣言したもんだから、炎上騒ぎになっているのだ。

 啖呵を切ったのは、共働き夫婦向けの情報サイト「日経DUAL」での連載。16年3月から続いている「中田敦彦イクメンアップデート中」を、22日付の投稿分から「中田敦彦HUMANアップデート中」に宗旨変えし、2年半にわたって実践してきた中田家の働き方改革を自省するというもの。

 原稿用紙9枚分近くにわたってつづられた“声明文”を要約するとこうだ。

 育児に非協力的だと主張する妻でタレントの福田萌(33)の意をくんで、拘束時間の長いタレント業務を意識的にセーブしたという中田。在宅仕事を増やし労働時間は減らすも収入増というミラクルを起こしたものの、夫婦揃って無理がたたりストレスも疲労も不満も極限状態に。第三者によるカウンセリングを機に意識改革に至り、結果、世間の常識に縛られないライフスタイルに方向転換することに決めたというのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る