大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

故三上真一郎さん 「乾いた湖」で岩下志麻の“初キス”を

公開日: 更新日:

 俳優の三上真一郎さんが7月に亡くなっていたことを知り驚いた。享年77。このコラムで取り上げた三原葉子さん、高千穂ひづるさんもそうだったが、その逝去がマスコミでほとんど報道されない。お三方ともに忘れてはならない俳優である。

 松竹出身の三上さんだが、30代のときに出演した「仁義なき戦い」シリーズ(73、74年)の役が比較的知られるだろう。ただ筆者がすぐに思い浮かべるのは「乾いた湖」(60年)だ。篠田正浩監督の2作目で、岩下志麻の映画デビュー作でもある。岩下が映画で初めてキスをした相手が、本作の三上さんだった。当時、10代後半だった三上さんは、はつらつとしていて格好が良かった。役柄的には岩下、高千穂、炎加世子らにモテモテの女性関係が、冗談ではなくどれほど羨ましかったことか。しかもこの3人と関係を断って、ひとり、テロに赴こうとするのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る