映画で炭焼き職人に 稲垣吾郎はオッサン役で新境地開くか

公開日: 更新日:

「頭にタオルを巻いてミカンを食べる稲垣吾郎なんて見たことがない(苦笑い)」とは、本人の弁。元SMAPの稲垣吾郎(44)は30日、第31回東京国際映画祭出品作「半世界」の記者会見に出席し、主演作の役柄についてこう振り返った。

 メガホンを取った阪本順治監督(60)いわく、「自分を前面に出さない」稲垣の姿が主人公にぴったりとマッチしたんだとか。生まれ育った地方都市でただ惰性で家業を継いだ炭焼き職人という役どころ。これまで冷淡な法医学者や猟奇的なマザコン夫などさまざまな役を演じてきたが、いずれも都会のコンクリートジャングルで生きる設定が多かっただけに炭焼き職人は新境地といえるだろう。

 しかも妻(池脇千鶴)と一戦を交えようと思った矢先、自宅を訪ねてきた幼馴染み(渋川清彦)に向かって「これからセックスなんだよ!」と言い放つなど、アイドル時代には考えられなかったシーンにも挑んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  9. 9

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る