映画で炭焼き職人に 稲垣吾郎はオッサン役で新境地開くか

公開日: 更新日:

「頭にタオルを巻いてミカンを食べる稲垣吾郎なんて見たことがない(苦笑い)」とは、本人の弁。元SMAPの稲垣吾郎(44)は30日、第31回東京国際映画祭出品作「半世界」の記者会見に出席し、主演作の役柄についてこう振り返った。

 メガホンを取った阪本順治監督(60)いわく、「自分を前面に出さない」稲垣の姿が主人公にぴったりとマッチしたんだとか。生まれ育った地方都市でただ惰性で家業を継いだ炭焼き職人という役どころ。これまで冷淡な法医学者や猟奇的なマザコン夫などさまざまな役を演じてきたが、いずれも都会のコンクリートジャングルで生きる設定が多かっただけに炭焼き職人は新境地といえるだろう。

 しかも妻(池脇千鶴)と一戦を交えようと思った矢先、自宅を訪ねてきた幼馴染み(渋川清彦)に向かって「これからセックスなんだよ!」と言い放つなど、アイドル時代には考えられなかったシーンにも挑んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  5. 5

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  6. 6

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る