「リーガルV」絶好調 米倉涼子が狙う視聴率ドクターX超え

公開日: 更新日:

 視聴率女王・米倉涼子の新ドラマ「リーガルV」が第2話で、10月期ドラマの中の最高視聴率18.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出すなど絶好調だ。最も喜んでいるのはテレビ朝日。何しろこのドラマが原動力になり、ゴールデン・プライム帯の視聴率トップの座を取り返し、日本テレビを視聴率3冠王の座から引きずり降ろすことに。更には開局以来初の全日帯での首位も視野に入ってきたからだ。

 シーズン2~5の全話平均視聴率が20%を超える大ヒットドラマシリーズ「ドクターX」の新シーズンを撮りたかった局側を押し切る形で、「新しい挑戦をしたい」という無理を通した米倉サイドもこの数字にはひと安心だろう。

「さすがの米倉も今回ばかりはプレッシャーが大きかったようで、まさに“失敗できない”態勢で新ドラマに臨んでいた。共演者の士気を高めるために、各所属事務所へ5万円は下らない千疋屋のフルーツ箱詰めセットを贈っています。また、『ドクターX』の大門未知子とのキャラかぶりを避けるため、役作りで髪を20センチ近くも切り、大門役ではほぼパンチラ状態だったミニスカも封印。今度はルーズな衣装を着て胸の谷間を強調している。初回スタート前に女性誌のインタビューに答えて『(リーガルVの)視聴率が低かったら“脱いじゃおうか”って言い出すかも』とまで話していました」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る