高嶋政宏「変態紳士」を上梓 仰天告白で大ブレークの兆し

公開日: 更新日:

 俳優の高嶋政宏(53)が性的嗜好をカミングアウトしたことで世間を騒がせている。10月に上梓したエッセー「変態紳士」(ぶんか社)がタイトル以上に過激なのだ。

「高嶋ファミリー」と呼ばれる芸能一家に育ったお坊ちゃんのイメージが強い高嶋だが、本書の大半は「SM」などの話が占め、自身の変態ぶりを赤裸々に語っている。

 ファン離れが懸念される一方、ネット上では「期待が高まる」「人間として魅力的です」と称賛の声も多い。

 こうした大胆なキャラ変更は芸能界では珍しくない。「毒舌キャラ」の有吉弘行、「オネエキャラ」のKABA.ちゃん、「女優」の篠原涼子、と挙げればきりがない。

「代表的な成功例は、こりん星キャラからママタレキャラに変更した小倉優子でしょう。本人も認めているように10年間、不思議ちゃんキャラを演じました。その後、結婚、出産、離婚と経験し、今では好きなママタレ1位で好感度は抜群です」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る