辛口批評家も大絶賛「ボヘミアン・ラプソディ」を見逃すな

公開日:

 伝説のバンド、クイーン人気に再び火が付いた――。91年、エイズに伴う気管支肺炎によりわずか45歳で亡くなったボーカリスト、フレディ・マーキュリーの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」が日本公開され、圧倒的な口コミ評価の高さで興収ランキングで1位を獲得したのだ。普段は“辛口”で鳴らす映画批評家の前田有一氏だが、今作については手放しでこう絶賛する。

「長編の構成力に定評あるブライアン・シンガー監督が製作終盤で降板するなどトラブル続きだったため、批評家筋の期待は薄かったのですが、ふたを開ければ大傑作。フレディの歌声の再現は完璧だし、ゲイであることを悩み孤独だった彼が、傷つきやがて再生する人間ドラマとしても凄まじい感動がある。近年の音楽映画では出色の完成度です」

 舞台は70年代の英国。過剰歯による容姿やアフリカ出身の生い立ちにコンプレックスを抱いていた若者ファルーク(ラミ・マレック)は、フレディ・マーキュリーと名を変え、才能ある仲間と“クイーン”を結成。やがて独創的な音楽性によりスターダムにのし上がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る