桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

要潤に大谷亮平…掛け持ちではなく二股三股俳優と呼びたい

公開日:

 ドラマを見ていて気になるのが掛け持ち俳優の存在。そもそも昔は掛け持ちは珍しかった。ドラマの本数も今ほど多くはなかったし……。だから、たまに掛け持ちしているとそれが話題になった。昨今は朝ドラ、大河をはじめ、ゴールデン、深夜ドラマの他、WOWOW、BS、CSでもオリジナルを制作。さらにNetflix、Amazonなどでも。人材不足なのか。百歩譲って脇役が掛け持ちするのは仕方がないにしても、主役級も結構いる。撮影の時期がズレているとか、それぞれの事情があるのかもしれないが、見る側はありがたみも薄れる。というわけで、掛け持ちっぷりを。

 朝ドラ「まんぷく」は二股の坩堝。福ちゃんの義理の兄で画家の要潤は「僕らは奇跡でできている」では出世欲の強い准教授、もうひとりの義兄の大谷亮平は「結婚相手は抽選で」でイケメンの会社員を。2人とも朝ドラではいい人なので、民放のくせ者役でバランスを取っているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る