二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

檀れい&及川光博は強調…芸能人「円満離婚」の素朴な疑問

公開日: 更新日:

 年末になると決まって出てくるのが結婚、離婚の話題。特に離婚ともなれば「ゴタゴタは年内にケジメをつけて新しい年を迎えたい」という心理は芸能人ならずとも働く。本格的な師走を迎える前に離婚を発表したのは及川光博(49)と檀れい(47)の美男美女夫婦。型通りの文面による離婚報告だったが、「笑顔で出した結論です」と円満離婚を強調していた。

 離婚で円満を強調するのも型通りだが、当然のように「円満なら離婚することはない」と坂上忍も自身の番組で言っていたように、誰もが思う素朴な疑問。解釈を変えればいい。離婚の話し合いは円満だったが、離婚に至る過程は円満ではなかった。そのほうが納得できる。

 離婚は夫の不倫や別居など決定的な事実がない限り、真相を探るのは難しい。ましてや、及川・檀は共に家庭生活を自ら話すことなどなく、「仮面夫婦」と呼ばれていた。そもそも「夫婦だったんだ」と離婚した今になって認識するほど生活感はなかった。俳優は私生活を隠すことで神秘性を増し、人気を維持する効果がある。代表的な女優が吉永小百合だ。すでに結婚して長いが、いまだに夫婦生活の実態は伝わってこない。むしろ、知らないのが自然であり、「映画女優・吉永小百合」の金看板は輝きを維持している。及川夫妻もこの先もベールに包むことと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る