将来は朝ドラヒロイン? 川栄李奈が“脇役”から抜け出す日

公開日: 更新日:

「近い将来、主役を張れるようになるでしょう」と太鼓判を押すのはコラムニストの桧山珠美氏だ。

「昨年フジテレビで放送されたドラマ『感情8号線』を見て、将来はNHK朝ドラのヒロインも狙えると思いました。オムニバス形式で全6話のドラマに川栄は第1話で登場。第2話の主役は倉科カナで第3話は貫地谷しほりでした。倉科と貫地谷は共に朝ドラの主演を経験した女優です。しかし、川栄は演技力、存在感ともに2人に劣っていませんでした。演技幅が広く、器用貧乏な感は否めませんが、いつかチャンスは巡ってくると思います。

 朝ドラは若手女優をヒロインに起用することが多い。尾野真千子や現在放送されている『まんぷく』の安藤サクラも30歳を超えてヒロインに抜擢されているので、十分に可能性はあると思います。朝ドラヒロインになると民放が追随するので、主演の話が一気に舞い込んでくる可能性もあります」

 数年後に“国民的女優”になっている可能性もあるのでは。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  2. 2

    相次ぐ噴火で火山灰蓄積…“災害級”冷夏の到来を専門家が指摘

  3. 3

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

  4. 4

    良好な経済指標ズラリ 民主党政権は本当に“悪夢”だったか

  5. 5

    安倍首相イージス・アショア導入は「自宅から通えるから」

  6. 6

    嘘とごまかしだらけ…安倍化した日本はかなり劣化した

  7. 7

    結果が出る前に…安倍政権は沖縄県民投票“ガン無視”モード

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    陸自の特殊作戦群の創始者が語る「武」を放棄した国の哀れ

  10. 10

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

もっと見る