• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新CM女王に躍り出た 川栄李奈に漂う“昭和の女の子”の魅力

 元AKB48の川栄李奈(23)の快進撃が止まらない。auの“オリちゃん”に始まり、26日に行われた花王ビオレのCMでなんと9社目。4月から鶴瓶がMCを務める「A―Studio」(TBS系)のサブMCも決定し、今一番起用したい女優にもランクインしている。

 2015年にAKBを卒業し、女優に転向。ビオレのCMに関して、川栄は「自分が演じると、リアルに感じてもらえる」と等身大感がウリとクールに自己を分析している。アイドル評論家の北川昌弘氏がこう言う。

「ひと言でいうと“昭和の女の子”感が魅力です。ちょっと地方都市のヤンキーにいそうな“ブスかわいい”、普通の女の子っぽさがある。それでいてAKBという抜群の知名度もあり、“ドラマを盛り上げるキーパーソン”を演じる実力もある。ちょっと前だと『木更津キャッツアイ』の酒井若菜さんのような存在といえます。まさに一撃で爪痕を残せて他にいない“圧倒的な存在”。ゆえに広告業界もテレビ業界も起用したいのだと思います」

 ポテンシャルの高さは未知数。新元号になっても活躍は続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る