新CM女王に躍り出た 川栄李奈に漂う“昭和の女の子”の魅力

公開日:

 元AKB48の川栄李奈(23)の快進撃が止まらない。auの“オリちゃん”に始まり、26日に行われた花王ビオレのCMでなんと9社目。4月から鶴瓶がMCを務める「A―Studio」(TBS系)のサブMCも決定し、今一番起用したい女優にもランクインしている。

 2015年にAKBを卒業し、女優に転向。ビオレのCMに関して、川栄は「自分が演じると、リアルに感じてもらえる」と等身大感がウリとクールに自己を分析している。アイドル評論家の北川昌弘氏がこう言う。

「ひと言でいうと“昭和の女の子”感が魅力です。ちょっと地方都市のヤンキーにいそうな“ブスかわいい”、普通の女の子っぽさがある。それでいてAKBという抜群の知名度もあり、“ドラマを盛り上げるキーパーソン”を演じる実力もある。ちょっと前だと『木更津キャッツアイ』の酒井若菜さんのような存在といえます。まさに一撃で爪痕を残せて他にいない“圧倒的な存在”。ゆえに広告業界もテレビ業界も起用したいのだと思います」

 ポテンシャルの高さは未知数。新元号になっても活躍は続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る