• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新CM女王に躍り出た 川栄李奈に漂う“昭和の女の子”の魅力

 元AKB48の川栄李奈(23)の快進撃が止まらない。auの“オリちゃん”に始まり、26日に行われた花王ビオレのCMでなんと9社目。4月から鶴瓶がMCを務める「A―Studio」(TBS系)のサブMCも決定し、今一番起用したい女優にもランクインしている。

 2015年にAKBを卒業し、女優に転向。ビオレのCMに関して、川栄は「自分が演じると、リアルに感じてもらえる」と等身大感がウリとクールに自己を分析している。アイドル評論家の北川昌弘氏がこう言う。

「ひと言でいうと“昭和の女の子”感が魅力です。ちょっと地方都市のヤンキーにいそうな“ブスかわいい”、普通の女の子っぽさがある。それでいてAKBという抜群の知名度もあり、“ドラマを盛り上げるキーパーソン”を演じる実力もある。ちょっと前だと『木更津キャッツアイ』の酒井若菜さんのような存在といえます。まさに一撃で爪痕を残せて他にいない“圧倒的な存在”。ゆえに広告業界もテレビ業界も起用したいのだと思います」

 ポテンシャルの高さは未知数。新元号になっても活躍は続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事