共演陣の評価も上々…山崎賢人はルックス先行から実力派へ

公開日:

“主役”は常に入れ替わっている。視聴率を取れなかったり飽きられたりした役者の代わりに、新しいスターが誕生する。2019年のドラマ界で赤丸急上昇の注目株をチェック!

 7月期ドラマ「グッド・ドクター」が予想を覆す高視聴率を記録した。最高13.0%、全話平均11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、現状のフジテレビでは奇跡に近い数字を叩き出した原動力が主演の山崎賢人(24)だ。難病を抱えた小児科医というハードな役を演じきり、同局の動画配信サービス「FOD」の初回見逃し視聴数の新記録まで打ち出してしまった。

「それまで“棒演技”などと演技面での未熟さを指摘されてきたが、主演映画『羊と鋼の森』での必死の役作りをきっかけに開眼しました。『グッド・ドクター』後は、他局から主演級オファーが殺到。山崎を獲得するためには、当然ギャラアップの条件を提示するでしょう」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  10. 10

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

もっと見る