延命拒否し恋も卒業…秋野暢子62歳で終活宣言という生き方

公開日: 更新日:

 女優、秋野暢子(62)のシングルライフが話題になっている。還暦を機に「日本尊厳死協会」に入会し、治る見込みのない病気などになったとき、延命措置をせず、自然死を選択する意思を公表し話題になったばかり。さらに大相撲初場所の千秋楽を同年代とおぼしき男性とデート観戦していたと「女性自身」に報じられた。都内自宅前での同誌直撃取材にはこんな胸中を語っている。

「私、男の人はもういいんです。明るく元気に残りの人生を楽しめれば十分です。再婚は、もうないかな……」

 デートのお相手は家族ぐるみで付き合いのある医師で既婚者であるとし、「男女の関係ではありませんよ」と笑って一蹴したそうだ。

 秋野は民放プロデューサーだった夫と2001年に離婚。シングルマザーとなり、長女(25)を育て上げた。5歳年下の実業家の男性と事実婚同然の暮らしをしていたこともあったそうだが、それも破局したと2014年に告白。延命拒否に断捨離などの終活の上、恋路からの卒業宣言には「どちらもちょっと早いんじゃないか」との声もあるそうだが、これらは人生から降りたからではなく、前向きに生きるためなのだそうだ。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る