「会いたい…でも無理かもぉー」中森明菜に再び引退危機説

公開日:

 中森明菜(53)がまたぞろ引退危機である。体調不良による芸能活動の無期限休止から復活し、昨年まで2年連続でディナーショーを開催。ことしはデビュー35周年を記念したオリジナルアルバムを引っ提げて、夏のコンサート開催へ動いていたとされるが、このほど発行されたファンクラブ会員向けの会報にはこう書かれていたというのだ。

《さみしいねぇ…ほんとォーに…みんなに…会いたい…でも…無理かもぉー》

「また体調を崩してしまったのかも知れませんね」と、ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「もともと明菜さんは夏に弱いんです。『スローモーション』でデビューし、東京でのひとり暮らしをはじめた当初も、夏になるとお母さんが清瀬市の実家から特製ジュースを作って届けに行っていたくらい。強く思えば思うほど、空回りしてしまうところもあるので、ディナーショーに続き、ことしはコンサートをと楽しみにしているファンを思って、頑張りすぎてしまったのかも知れません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る