• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「会いたい…でも無理かもぉー」中森明菜に再び引退危機説

 中森明菜(53)がまたぞろ引退危機である。体調不良による芸能活動の無期限休止から復活し、昨年まで2年連続でディナーショーを開催。ことしはデビュー35周年を記念したオリジナルアルバムを引っ提げて、夏のコンサート開催へ動いていたとされるが、このほど発行されたファンクラブ会員向けの会報にはこう書かれていたというのだ。

《さみしいねぇ…ほんとォーに…みんなに…会いたい…でも…無理かもぉー》

「また体調を崩してしまったのかも知れませんね」と、ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「もともと明菜さんは夏に弱いんです。『スローモーション』でデビューし、東京でのひとり暮らしをはじめた当初も、夏になるとお母さんが清瀬市の実家から特製ジュースを作って届けに行っていたくらい。強く思えば思うほど、空回りしてしまうところもあるので、ディナーショーに続き、ことしはコンサートをと楽しみにしているファンを思って、頑張りすぎてしまったのかも知れません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る