元キャンディーズ伊藤蘭が歌手再始動 ミキとの共演ある?

公開日: 更新日:

♪もうすぐ春ですね~

 キャンディーズが歌い、1976年に大ヒットした「春一番」から40余年、ランこと伊藤蘭(64)の歌手再始動が話題である。

 今で言うところのグループのセンター、メインボーカルとして「年下の男の子」「微笑がえし」「やさしい悪魔」などを歌った歌唱力でソロデビューし、井上陽水らも制作に加わったアルバム「My Bouquet(マイブーケ)」を5月にリリース。ことし6月から初の単独コンサートを東京ドームシティホールやNHK大阪ホールで行うと発表した。

 1977年7月の日比谷野音のステージで解散を宣言した際、「普通の女の子に戻りたい」と涙ながらに叫んだ伊藤。あれからはや42年、今回の話を事務所から向けられた昨春は、こう言ったそうだ。

「この年齢になってもう一度歌と向き合ってみるチャンスをもらえたと思って、飛び込んでみることにしました。最終列車に飛び乗る感じです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事