乃木坂46高山一実に若年層共感 処女小説20万部突破の秘密

公開日: 更新日:

 乃木坂46の高山一実(25)が、処女小説「トラペジウム」(KADOKAWA)の20万部突破を記念するお渡し会を新宿・紀伊国屋書店で開催した。昨年11月28日に発売、3カ月経たずして20万部を突破。さらに今月10日から電子書籍の発売も開始した。

 高山は「この本は夢をかなえるプロセスが美しいということを伝えたかった。映像にするなら、主人公の東ちゃんのように全国にいるアイドルに憧れている子をオーディションでキャスティングして、ゆくゆくは乃木坂46に入ったら面白いだろうなと思います」と語った。

 それにしても出版不況のいま、20万部はスゴイ。

「本を読まない小・中学生が購入し、初めて本を読んだという感想を多数いただいております。現在、ベネッセの会員サイトの試し読みで子供たちから1日に5000通もの感想があり、活字離れが進んでいる若年層に共感していただき、売り上げを伸ばしています」(出版社広報担当者)

 多忙なアイドル活動の中「カフェやテレビ局の食堂の隅で書いていました」という高山。時間の使い方も集中力も一流のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る