人気書評家が“診断” 乃木坂46メンバー初小説その実力は?

公開日:

 2018年の写真集ランキングを席巻したアイドルグループといえば「乃木坂46」だが、所属メンバーのひとりが、年の瀬に来て文芸界を賑わせている。高山一実(24)の初小説作品「トラペジウム」(KADOKAWA)がそれだ。月刊誌での連載を大幅に加筆修正して先月末に刊行し、オリコン週間BOOKランキングの文芸書ジャンルで首位を獲得(12月10日付)。多くの乃木坂ファンから支持を得たのだろうが、肝心の力量は? 文芸評論家の杉江松恋氏が読みどころと改善点を解説する。

  ◇  ◇  ◇

 現役アイドルがアイドル志望の少女を主人公にして小説を書く。

 これはかなり危険な賭けである。主人公に作者を重ね合わせて読む人間が必ずいるからだ。書きようによっては、作者自身が嫌われかねない。

 そんな危険に挑んだというだけでも、高山一実のデビュー作「トラペジウム」は評価すべきである。しかも、けっこうな荒業を使って同一視問題を回避している。

 どうやったか。主人公をとんでもなく自己中心的な人間にしたのである。きついデフォルメが施された、物語内だけにしかいないような人間に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る