故内田裕也さんのROCK葬 愛された究極のトラブルメーカー

公開日: 更新日:

「安らかに……」という言葉がこれほど似合わない人もいないということか。

 先月17日に肺炎で死去した内田裕也さん(享年79)のお別れの会「内田裕也Rock’nRoll葬」が3日、青山葬儀所(東京都港区)で営まれた。映画・テレビ・音楽など芸能関係者と親族約950人が弔問に訪れた。

 トップで弔辞を読んだタレントの堺正章(72)が、「私たち後輩にとっては良き手本でもあり、悪しき手本でもありました。その悪しきの中に魅力がたくさん詰まっていたような、今思い返すとそんな気持ちになっています」と言えば、続く映画監督の崔洋一(69)は「裕也さん、安らかに眠るな。荒ぶる魂を永久に我らに」と締めてみせた。その後、弔辞に立ったミュージシャンの鮎川誠(70)は「ステージではいつでも飛び入り歓迎です。ありがとうロケンロール!」と決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る