故内田裕也さんのROCK葬 愛された究極のトラブルメーカー

公開日: 更新日:

「安らかに……」という言葉がこれほど似合わない人もいないということか。

 先月17日に肺炎で死去した内田裕也さん(享年79)のお別れの会「内田裕也Rock’nRoll葬」が3日、青山葬儀所(東京都港区)で営まれた。映画・テレビ・音楽など芸能関係者と親族約950人が弔問に訪れた。

 トップで弔辞を読んだタレントの堺正章(72)が、「私たち後輩にとっては良き手本でもあり、悪しき手本でもありました。その悪しきの中に魅力がたくさん詰まっていたような、今思い返すとそんな気持ちになっています」と言えば、続く映画監督の崔洋一(69)は「裕也さん、安らかに眠るな。荒ぶる魂を永久に我らに」と締めてみせた。その後、弔辞に立ったミュージシャンの鮎川誠(70)は「ステージではいつでも飛び入り歓迎です。ありがとうロケンロール!」と決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  4. 4

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る