著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

内田裕也の功績とは 日本にロックの土壌を切り開いたこと

公開日: 更新日:

 芸能人が亡くなったとき、仕事・私生活を含め関わった人から生前のエピソードを聞くのがメディアの最初の仕事。昨年9月に逝去した妻・樹木希林さん(享年75)の後を追うように3月17日に亡くなったロックンローラー・内田裕也さん(享年79)の場合は、ジャンルを問わず幅広い交流を物語るように人それぞれに逸話があった。

 ロックにかける思い、奔放な私生活。昭和を代表する俳優・勝新太郎さんや松方弘樹さんを彷彿させるエピソードの数々は「圧巻」という言葉しかない。

 メディアの人間でも内田さんの取材に関わった人ならおのおの、逸話がある。ある人の葬儀だった。さっそうと会場に現れた内田さんはスーツこそ黒だったが、ノーネクタイとラフに着こなし真っ赤なマフラーを巻いていた。昔、六本木の交差点近くにパブ・カーディナルというロンドンのパブをモチーフにした店があった。ミュージシャンの社交場のように賑わっていた。内田さんもよく見かけた。当時は夫婦問題に女性とのトラブルが日常だったが、いつも陽気に飲んでいた。不意打ちのように店で声を掛けるが、取り巻きの人たちが大きな壁となった。内田さんのボディーガードのようにそばにいた安岡力也さん(2012年・死去)が前に立ちはだかり、「なんだ」と鋭い声で制止してきたものだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変