井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

ゴーン再逮捕報道に思う「クジラ食ったことないやろ」

公開日: 更新日:

「ゴーン、ゴーン!」

 ゴーンは消え失せた!って意味だ。日本からとっとと消えろ、あの守銭奴め。そう思わないか?日産自動車の社員たちよ。ヤツから散々、稼いだ金を巻き上げられてたんだぞ。全額返してもらわないのかよ? 日産の従業員なら大声で言ってやっていいんじゃないのか。オレが工場の組み立て工員なら、毎日、叫んでやる。でも、社員じゃないし、日産の経営陣が入れ替わろうが、経営が傾いても株主じゃないし、オレはどうでもいいわ。しかし、ゴーンは恐ろしい金の亡者だ。会社を踏みにじり、テメエの家賃まで払わせといて、何が業績アップだ。

「ゴーンよ、どうでもええが、クジラベーコンなんか口にしたことないやろ! 干したコロ(本皮)も知らんやろ! おでんの具や炊き合わせにすると絶品や。日本の味を知らんのに日本で息するな! 拘置所のメシも食わさんぞ、出て行けボケ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る