井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

ゴーン再逮捕報道に思う「クジラ食ったことないやろ」

公開日: 更新日:

「ゴーン、ゴーン!」

 ゴーンは消え失せた!って意味だ。日本からとっとと消えろ、あの守銭奴め。そう思わないか?日産自動車の社員たちよ。ヤツから散々、稼いだ金を巻き上げられてたんだぞ。全額返してもらわないのかよ? 日産の従業員なら大声で言ってやっていいんじゃないのか。オレが工場の組み立て工員なら、毎日、叫んでやる。でも、社員じゃないし、日産の経営陣が入れ替わろうが、経営が傾いても株主じゃないし、オレはどうでもいいわ。しかし、ゴーンは恐ろしい金の亡者だ。会社を踏みにじり、テメエの家賃まで払わせといて、何が業績アップだ。

「ゴーンよ、どうでもええが、クジラベーコンなんか口にしたことないやろ! 干したコロ(本皮)も知らんやろ! おでんの具や炊き合わせにすると絶品や。日本の味を知らんのに日本で息するな! 拘置所のメシも食わさんぞ、出て行けボケ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る