井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

ショーケンの破天荒さを抜くことができる若手俳優はいない

公開日: 更新日:

「れいわ」とキーボードを打ってみても、「令和」とは変換されなかった。「令」は君主が家来たちに指図をするために人を集めたその情景を意味するらしい。「卩」は「せち」と読み、家来や人民が整列して命令を聞いている情景をイメージしたものだとか。なるほど、漢文だと字の間に返り点を入れて、「和せしむ」と読むから、誰か上の者から下の者が「おまえたち、仲良く合わせろ」と言われてるようで、どうも冷たい響きが感じられて、「令和」に複雑な思いを持った。

 沖縄の人たちなんかはどう思ったのだろうか。江戸時代は島津藩に取り込まれ、明治になって「琉球処分」されて日本に同化されるまでは中国の清が宗主国だったが、今は誰に和して従えと言われてることになるのか。そんなことを元号のテレビ発表を見ながら思った。

 令和も知らされないまま闘病の末、死んでいったのが「昭和」のアイドル俳優・ショーケンだった。改めて冥福を祈りたい。萩原健一という名前より、我らのショーケンだった。若い時からの不良性感度で名を売った人生は週刊誌の記事では分かりようがない表も裏も浮きも沈みもある破天荒人生だったと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る