満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

公開日: 更新日:

 故石原裕次郎さんの設立した石原プロモーション解散説が報じられる中、渡哲也(77)の言動、動向に注目が集まっている。

 裕次郎さんを慕い、借金で倒産寸前だった石原プロに1971(昭和46)年に渡が入って48年、87年に裕次郎さんが52歳で亡くなってからは石原プロの2代目社長を務めてきた。それを退いた現在も「相談取締役」として石原軍団を牽引しているが、体調不良や後継者問題などで存続を危ぶまれ、この4月にも幕引きを発表する予定だったと一部で報じられた。

■役者としても引退危機

「女性自身」によると、渡は肺気腫で闘病中。外出時にも鼻に酸素チューブを外せない状態。酸素ボンベを持ちながら病院通いする同誌掲載の渡の近影は白髪でやつれて見え、「役者としても引退危機」との見方も業界に広がっている。スポーツ紙芸能デスクが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る