役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

公開日: 更新日:

 大河ドラマ史上最速の視聴率1桁落ちに続き、9話連続1桁台と不名誉な記録を更新している「いだてん~東京オリムピック噺~」。その戦犯とされているのが志ん生を演じているビートたけしで、滑舌が悪く何を言っているのかわからないと不評のようだ。

「たけしは志ん生だけでなく、語りも担当していて出番が多いので、批判の的になりやすい。確かに聞きづらいところもあるけど、たけしの滑舌の悪さは今に始まったわけではないですし……。それも“持ち味”と思えば許容できる範囲。それよりもやっかいなのは山下智久です。山PはTBS系のドラマ『インハンド』で主演し、右手に黒いロボットハンドを装着した天才科学者・紐倉博士を演じていますが、声が小さい上に、ボソボソとしゃべるのでセリフが聞き取りづらい。音量を4つ上げましたが、それでも聞き取れなかった。こちらの耳が悪くなったかと焦りました」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る