1クール3カ月は短すぎ? 連ドラに“中長期放送”増えるワケ

公開日: 更新日:

 沢口靖子(写真)主演「科捜研の女」が好調だ。今回はテレビ朝日開局60周年と番組20周年を記念し、1年間にわたって放送することが決まっている。

「1999年にスタート。沢口演じる榊マリコら科捜研のメンバーが事件の真相解明に取り組む人気ドラマで、『相棒』と並ぶテレ朝のキラーコンテンツです。安定した視聴率が確保できるからこその通年放送でしょう」(ドラマウオッチャー)

 テレ朝は昼ドラ「やすらぎの刻~道」も1年間放送する。

「前作『やすらぎの郷』は半年間放送して話題になりました。前回同様、脚本家の倉本聰に、意気に感じた石坂浩二や浅丘ルリ子ら往年のスターが総出演するシルバー向けで、ハズキルーペをはじめターゲットがはっきりしたスポンサーが集まりやすいのも一因でしょう」(ドラマ関係者)

 今期は日本テレビが「あなたの番です」で2クール(半年)放送にチャレンジしている。

 日本の連ドラは1クールが3カ月と短すぎて海外に番組販売しづらいといわれる。短期決戦から中長期にカジを切る流れ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る