芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

公開日: 更新日:

 山田孝之主演の「WATER BOYS」(03年、フジテレビ系)で注目されて以降、社会派からコメディまでさまざまなテイストの映画やドラマに出演。「最高の離婚」(2013年・フジ系)や「まほろ駅前番外地」(同・テレビ東京)で主演を張って以降はすっかり主役級の俳優だが、ここ最近はドラマの出演が少ない。連ドラは18年のNHK大河「西郷どん」、同年1月期クールの「anone」(日本テレビ系)以来、ご無沙汰だ。

「大河という長丁場の後ということもあるでしょうが、瑛太が万が一、打ち上げなどでトラブルを起こし、それをマスコミに嗅ぎつけられたらまずい。だから出演は控えているといった話を聞きました。どこまで本当かわかりませんが、連ドラは映画と違って撮影時期から逆算して打ち上げの日時がバレやすい。瑛太は大手企業のCMにも出演しているし、事務所としては気が気じゃないでしょうね」(前出の芸能プロ関係者)

「瑛太会」で集まる店どころかCM業界からも“出禁”を食らったら、それこそシャレにならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る