てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

"残念"な性格を知っているからこそ松坂桃李は挑み続ける

公開日: 更新日:

「僕はどれにも当てはまらなかったんで、僕は植物係とか」(松坂桃李/「櫻井・有吉THE夜会」5月16日放送)

「『情熱大陸』撮れ高なさ過ぎて密着期間延長」「誰にもメールを返さない無精男」「お金は一切使わない超地味生活」という“残念”な私生活がまとめられると、司会の有吉弘行は「これだけ出て『誰でしょう?』って言ったら『(オードリーの)春日!』って言うよね」と笑った。

 その“残念”な私生活を送っているのは、実は俳優の松坂桃李(30)だ。地味な内面はともかく、その整った容姿から学生時代は女性にモテたんじゃないかと問われると、若い女性は「強い人」や「運動神経がいい人」に憧れると前置きした上で語った言葉を今週は取り上げる。

 自身がパーソナリティーを務めたラジオ番組でも、最近覚えた言葉として得意げに「TikTok(ティックトック)」を「チックタック」とずっと言い間違え続け、リスナーから総ツッコミにあう残念っぷりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る