てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

"残念"な性格を知っているからこそ松坂桃李は挑み続ける

公開日: 更新日:

「僕はどれにも当てはまらなかったんで、僕は植物係とか」(松坂桃李/「櫻井・有吉THE夜会」5月16日放送)

「『情熱大陸』撮れ高なさ過ぎて密着期間延長」「誰にもメールを返さない無精男」「お金は一切使わない超地味生活」という“残念”な私生活がまとめられると、司会の有吉弘行は「これだけ出て『誰でしょう?』って言ったら『(オードリーの)春日!』って言うよね」と笑った。

 その“残念”な私生活を送っているのは、実は俳優の松坂桃李(30)だ。地味な内面はともかく、その整った容姿から学生時代は女性にモテたんじゃないかと問われると、若い女性は「強い人」や「運動神経がいい人」に憧れると前置きした上で語った言葉を今週は取り上げる。

 自身がパーソナリティーを務めたラジオ番組でも、最近覚えた言葉として得意げに「TikTok(ティックトック)」を「チックタック」とずっと言い間違え続け、リスナーから総ツッコミにあう残念っぷりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  5. 5

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

  10. 10

    避難所でホームレスを追い返す 台東区職員のルンルン生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る