“バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

公開日: 更新日:

 東京編になってから視聴率にブレーキがかかっているNHK朝ドラ「なつぞら」の起爆剤かもしれない。3日の放送で、ヒロイン・広瀬すず(21)が入社したアニメ会社「東洋動画」の先輩社員、森田桃代(通称 モモッチ)役で登場した伊原六花(20)のことだ。

 早速、ネット上には〈可愛い〉〈まっすぐ育ってほしい〉〈今後が楽しみ〉など微笑ましい感想が寄せられ、〈バブリーダンスの子か〉というコメントも。

 伊原といえば、大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテン。自身がセンターを務め、全国大会で披露した荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」に合わせて踊る“バブリーダンス”で話題に。高校在学中に現在所属する芸能事務所「フォスター」にスカウトされた。

「伊原は高校卒業後に上京し、本格的に女優活動をスタート。バラエティー番組に出演しても、しばらくは高校時代ほどのインパクトは残せませんでしたが、土屋太鳳主演の『チア☆ダン』(TBS系)でドラマデビューした辺りから風向きが変わりました。ダンスで鍛えたキレのある動きはもちろんですが、幼いころからミュージカルに出演していただけあって、演技力は申し分ありません。今回は、『フォスター・プラス』に所属するヒロイン広瀬とのバーター出演でしょうが、世間にアピールする絶好のチャンスでしょう」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る