追悼・降旗康男監督 6年前に語っていた「高倉健のこと」

公開日: 更新日:

 高倉健主演作の「駅 STATION」「居酒屋兆治」「鉄道員」などで知られる降旗康男監督が先月20日に亡くなった(享年84)が、6年前、降旗監督は水谷豊&伊藤蘭の夫婦共演作「少年H」の公開を前に「カチンコの音が聴こえる」のタイトルで日刊ゲンダイで連載し、高倉健との交友から生い立ちまでを語ってくれた。

 印象に残ったのは監督と健さんの付き合いが分かる何げないエピソードだ。

 自宅が近所、酒飲みの降旗監督と酒を飲まない健さん。そのまま引用すると――。
<(プライベートでも)ボクから声をかけるようなことはないですね。だけど、健さんは時々「誰々から日本酒を送ってきたからこれ飲んで」とか言って通りがけに家に置いてってくれる。健さん、毎日、理髪店に行くんですよ。その途中にボクの家があるもんだから「これからお酒持って行くから」って電話してきて寄ってくれます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る