「アマデウス」神は下劣な若造を天才に選んだ

公開日: 更新日:

1984年 ミロス・フォアマン監督

 アカデミー賞作品賞など8部門を受賞。先日、BD&DVDのセットが発売された。

 モーツァルト(トム・ハルス)の死から32年、宮廷作曲家のサリエリ(F・マーリー・エイブラハム)が「彼を殺したのは私だ」と自殺を図った。彼は精神病院で神父にかつてモーツァルトが自分の曲をちゃかし、声楽家の美女に遊びで手をつけたことなどを告白。モーツァルトは甲高い声でバカ笑いする変人ながら、比類なき才能で皇帝の心をつかみ、「フィガロの結婚」の上演などに成功した。

 だが弱点もあった。酒に溺れ、稼いだ金を一晩で使う浪費家なのだ。モーツァルトを憎むサリエリは黒い仮面で変装してレクイエムの作曲を依頼するのだった……。

 モーツァルトの放蕩(ほうとう)ぶりは野口英世さながら。

 何とかと天才は紙一重だ。若者が大人を負かす姿は藤井聡太七段や仲邑菫初段のごとし。大人は内心穏やかではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る