二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

長引き離婚を巡る「世界のキタノ」と「世界の三船」の違い

公開日: 更新日:

 これまでビートたけし(72)は事を起こすたびに決まって女性の影がチラついていた。「フライデー」襲撃事件では、当時、愛人に対しての取材方法に激怒したことが発端だった。深夜の赤坂でのバイク事故も、付き合っていたグラドル宅に通う際に起こしたといわれていた。昨年の独立でも、愛人A子さんの存在が喧伝されていた。離婚もしかり。A子さんが裏で糸を引いているといわれている。

 独立時、「これまで背負っているものを全部下ろしたい」と発言をしていたように、もうひとつ肩に重くのしかかっていたのが幹子夫人(68)との離婚とみるのが自然。すでに長い期間、別居していた夫婦。唐突な離婚話も不自然だが、ここまで長引いたのも単純にお金だけの問題ではないだろう。夫人はこれまで家などの不動産からたけしの会社の役員になるなど十分すぎるお金が渡っていたとされる。改めて慰謝料をもらってまで離婚する必要もない。そこには一方的に家を出て行き、別な女性と暮らす夫に対し、妻としての意地があったと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る