フジ月9が4期連続2ケタも…上野樹里の次回作に不吉な予感

公開日: 更新日:

 元気を取り戻してきたようだ。

 窪田正孝(30)主演のフジテレビ“月9”「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の最終話(17日放送)は平均視聴率13.8%。これまでの最高を更新し、全11話の平均は12.1%だった。これで“月9”は2018年7月期の「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」から「SUITS/スーツ」「トレース~科捜研の男~」と、4期連続での2ケタ達成となる。

 かつての“月9”は過去最高の平均視聴率34.3%を記録した「HERO」(01年)をはじめ、20%超えも珍しくなかった。しかし、近年は過去最低平均視聴率6.1%を記録した「海月姫」(18年)など2ケタを割るように。

「『ラジハ』は早くも24日に2時間の特別編が放送されます。局内は沸いていますよ」(フジテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  8. 8

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  9. 9

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る